• トップ

介護福祉士の受験のポイント

受験に備えた効果的な勉強方法

介護福祉士の受験に備えて

介護福祉士の受験を目前に控えて、どんな勉強方法が効果的なのでしょうか。一つのポイントは、記憶を定着させるさせるために勉強することが必要です。そのためにできる最も効果的な方法は、忘れてしまう前にしっかり復習するということです。新しいことを勉強したらまず早めに復習しましょう。こうした復習を繰り返し行なっていくうちに、記憶をしっかり定着させることができます。介護福祉士の受験に備えて行なうことのできる勉強方法の別のポイントは、過去問題集を正しく選ぶこと、なおかつその問題集を使ってしっかり学習することです。過去問題集を選ぶ際には、解説がしっかりついているものを選ぶのがよいでしょう。その解説をよく読んで、なぜ正解か、またなぜ不正解かをしっかり理解するようにします。加えて、介護福祉士の受験に備えてできる勉強方法のもう一つのポイントは、問題集を十分に活用して勉強することです。勧められているのは、参考書よりも問題集の活用です。一般的に言って、問題を解くことによって頭は刺激されます。また、実際に問題を解いた後は、正解か不正解かを知ろうとして、一生懸命に解説を読むことでしょう。こうして集中して解説を読み、勉強することによって、効果的な学習ができるようになるのです。

↑PAGE TOP